火曜日, 5月 30, 2006

Mの前にその時僕はいた

今日見た人物 ・・・・―――― ビッグスモールン 田臥勇太

コーキさんが「PERIDOTS」のサンプル盤をくれました
うれしい、だけど僕には言えることがまるでないのです

木曜日, 5月 25, 2006

不在

下の段、左端のやつが俺に似ているとの意見が(その場ですぐさま)出ました
そして自分でもそう思えるのです、「あぁ俺ってなんかあんなだよなあ」って思う他ないみたい

今度は岡本太郎美術館へ出向いて参りました
どんな形であれあの人の作品を誰しも目にしたことはあると思います インパクトと共に
作品を数々見て、色々考えた結果「エネルギー」という言葉でしか括れませんでした 表情も時間も歴史も空気すらも存在せず、そこにある躍動、行動原理、いきものが体の中のそこかしこに秘めている抗いがたい何か、そういうものをほぼ全ての作品に感じました
そしてそういうものしか形にしていない それは完璧な岡本太郎の生理でしょうか ひとつのことしか出来ないでこそ本当の表現者ですよ 全くすげえ

土曜日, 5月 20, 2006

ゴーゴー

長倉が気持ち悪くて、すみません

KINOH、ナスカ展に行って来た
ミイラや、開頭術を施されたしゃれこうべや、中国の纏足みたいな感じで頭を変形させたしゃれこうべとか、アルパカの毛で作った高度な織物や、別の悲痛なミイラや、色彩感覚の塊で彩られた多くの壷や、黒曜石のツール(ありがちね)や、ヴァーチャルシアターの地上絵ジオグリフなんかをみてきた
どうも僕は鑑賞を流したり出来ないタイプみたいで、その時は閉館時間も迫ってたのだけど、差し迫って急いで展示されている色んなたくさんのものをチラ見とか流してバーッと見るよか、そんなことするぐらいだったら今自分の前にあるものに自分の意識を投影する時間を大事にしたい そういう風に物事を見るほうが絶対良い、なんて、ちょっと話が飛躍しましたけどそう思うのです だってはるかにその方が有意義でしょ?きっと 例え人ゴミに辟易しても、ですよ 簡単に言えばまあ量より質ってことになるのか、と今思い当たった

ナスカの人々が描くシャーマニズムの世界観や超自然的観念の表現ってすごくポップで、壷やキルト?に描かれた絵がー なんかキースヘリングみたいなのやロドニー(パラッパラッパーのイラストレーターね)みたいなポップアートに近い視点にみえるのが数々あって「おお」と思いました 一体この原始の時代(ナスカは紀元前後付近の文化)に何なんだこのディフォルメされた神々の絵は?という風に
だって明らかにパラッパラッパー2に出てくるキャラにそっくりなのとかいたもの

しかしどうしても気に入らないのが、ああいった神秘の文明を紹介する際に(我々日本人向けに)「もしかしたらナスカの人々と我々日本人との知られざる繋がりがあるのかもしれません」みたいに、突然、脈絡も無く、ただ日本人の興味を惹きたいが為に、その文明と日本文化との関わりを匂わせるようなことを言い出すのが我慢ならん 
この時も子どものミイラを開梱するという映像があり(で、実際そのミイラはその会場にいた)さまざまな化学的見地から、主食がトウモロコシだとか、何歳くらいだとか、骨格は×××人系だとか言うんですけど「その骨格が非常に日本人の祖先と近いことが判明しました」っていうのもまあ言わせといてやるけど、そのあとに続く言葉がさっきのあれですよ 確かうろ覚えだけど、あんな事をのたもうておりましたよ なんっだよ、それ いらねえよそんなの それ聞いて僕はげんなりしましたよ
よく聞くのはミャンマーの言葉がすごく日本語と類似してるとか、マオリ語の発声は日本語に近いとか、ありますよね でもそういうのって、例えばその文化を紹介して見てもらう上で、本当の意味では必要なことだとは僕は思えないです なんか比重を軽くするだけだと思う

博物館は早い時間に余裕を持っていきなさい、自分に言ってるんですけどね

金曜日, 5月 19, 2006

ぼくの、死ぬまでに言ってみたい台詞と、そのシチュエーション~一言目~

えー今回から連載みたいな感じでいけたらなって思います、でわ、
記念すべき第一言目は・・・・
          「俺に構わず、行けっ!!」
です。まあぼくは地球を守るための8人くらいの勇者みたいな奴の一人で、
そうだなあ・・里美八犬伝風にみんなで、悪が棲む洞窟なんか行くんすよ。
そして、悪の四天王なんかを二人くらい倒して、そいつら倒すために、
うちらは3人くらい犠牲になってるんですよ。
もちろんヒーローとヒロインは生き残り組。
で、三人目の奴を誰が犠牲になって倒すのかなー?
なんて、みんな密かに思ってるところに
ガーーーーーーっ!!!
なんつって岩の扉が行き先阻むように上から閉まってくるんですよ。
そう!そこで俺の番!
がつうっ!!!
ってその扉を支える俺!!かっこいい(涙)
そして俺まで石になっていく・・・みんなが俺の名を連呼!!!
そこて俺は言ってやったよ。
「俺に構わず、行け!!!」ってさ。
言ってやったよ。俺、言えたよ。
と、こんなシチュエーションがいいなあ、今書いてて泣きそうになった。   
                                             
まあ現実的にこの台詞が言えるとしたら、
異性との性交渉中に
女「ああっ!イクッ!イクッ!」
俺「はあっはあっ、俺に構わず、イケッ!!!」
みたいなとこですかね。
でも意外と男らしいな。

木曜日, 5月 11, 2006

今の33才から40才くらいの人間には、ろくな奴がいない。

マジな話、だってこいつら20代をバブルど真ん中だから苦労をしらねえ。
しかも子供まで生んでる、だから今、学級崩壊が深刻なんだよ。

ぼくは家事が好きだ、スーパーとかまさに遊園地。
洗濯物をいつ洗おうか考えたり、掃除したり、ごみ出したり。
毎日家にいたら、しっかりやってると思う、てか、やりたい。
ハーブ育てたりさ。
でもそれ以上に酒が好きだから。
今日も飲んでいる始末。

月曜日, 5月 08, 2006

土曜日, 5月 06, 2006

as suppa

SUGER BABE とか ロシア民謡 とか SIGUR ROS とか nick drake とか

5/4はCRJ-tokyo&SONG-CRUXのコンピのレコ発でした
スタッフの皆さんありがとうございました
我々は初めて下北沢シェルターのモニターの音を聴いたのでした

ステージ上で聞こえる音がライブハウスに馴染んでいるとすごく演奏しやすいってことが良く分かった
新築のライブハウスにはなかなかそういうのは一筋縄で出来るこったない
時間と出入りする人間の多さと積み重なった埃とかがそういうのを決めるのではないか